びぼうろく

読んだもの見たもののメモ

switch 尾上菊之助 × 小籔千豊

switchインタビュー 尾上菊之助 × 小籔千豊を見ました*1

 

菊之助さんは吉本新喜劇が大好きだそう

新喜劇を見て笑いすぎて大泣きする菊之助さん…笑

菊之助さんから小籔さんにラブコールを送って対談が実現

 

リーダー論

 

吉本新喜劇の座長になった小籔さん

小籔「後輩に関しては全員可愛いからこそ全員可愛がらない。全員食わさなあかんからこそ、全員に打席立たせたらその野球チームは弱くなりますよね。言うたら悪いですけど2軍の人『お前らも家族おんのやろ、4番さしたるわ』『お前全然出てへんな、ほなスタメン出したるわ』って順繰りさしてたらそのチーム絶対弱くなるんですよ。だから僕は2軍の中でもかわいがり方SABCDに分けてます。

Sクラスにはわりと小言を言います。この子は金になると思たら、テレビ出てたら『お前ワイプでアホみたいな顔しとったけどお前みたいなキレイな顔しか能ないやつはワイプが本番やと思っとけよ』ってメールしたり。Aクラスの子は絶対新喜劇に必要、でも今出来ている事以上の事は出来ない。ボケは出来ないけど演技は上手い。演技でちょっと変な時あったら言うくらい。Bはよっぽど変な事をしない限りは何も言わない。全員にノックしている時間ないので。

Sクラスが有名になり新喜劇が出て行く所いっぱいになれば、食える人が増えていく訳ですよね。それを目指すにはどうしたらいいか。精鋭チームで優勝することが先決かなと思ってます」

 

 

モチベーション

 

菊之助「高校を卒業した時に祖父の具合が悪くなり、祖父梅幸・父菊五郎菊之助三代で襲名をしたいというのが望みだったんですよね。いざ『襲名して』って言われた時に凄く二の足を踏んだんですよね。いやちょっと自分には早いです、みたいな。」

その後祖父は亡くなり、菊之助を襲名することになって

菊之助「その時に全然手が届かなくてすごい悔しい思いをしたんですよね。なんでこんなに自分は出来ないんだろうって。それだったら一年間修行とか言ってないで早くお祖父さんに嬉しい姿を見さしてあげた方が良かったじゃないかとか・・。それ以来私は出来ない自分といつも戦っていて。モチベーションとしては“何かが足りない”といつも思ってやってます」

小籔「お祖父さんへの想いを今も大事にお持ちになられているから、今の菊之助さんがあるから…僕は凄くいいなぁと思った」

 

 

先人の発明

 

ナウシカ歌舞伎を見学して

小籔ナウシカがこう(見得を切る)バーン感が…ああこれってほんまに今のピンスポみたいなのがない時代に考えたピンスポというか。漫画で言うたらババーン!て線が出たり周りが暗くなって主人公がビカーって光ったりするじゃないですか。温故知新ではないですけど今までの人達がお芝居をお客さんに面白く見せるためにはどうしたらええんかで、アイデアを盛り込んで削ぎ落としての繰り返しがあって今があんねんなっていうのが、あの時見た時に『あ!先人誰か考えて思いついたんや』と」

菊之助「これいいね!って(笑)」

小籔「お客さんもめっちゃワッ!て沸いたでしょうね(笑)誰かの発明が脈々と残ってというのがあの見得を見た時、昭和大正明治江戸、向こうの歴史まで見えたような気がしましたね」

 

 

歌舞伎のすごいところはどんなところ?

 

菊之助歌舞伎は出雲阿国が始めたと言われておよそ400年と言われてますけども。たくさん死者が出た戦争が終わってその鎮魂のために舞を踊って・・たぶん無駄なものなんですよね。だけどその無駄なものが民衆の心に何か清涼感と言いますか、今まで鬱屈してたものがすっと流れるようなものがあったからこそ出雲阿国が受け入れられたと思うし。

それが今古典となって脈々と受け継がれているのは普遍的なテーマを・・人間の心情をえぐり取られることだったりとか娯楽だったりとか。それを見るお客さんも厳しい目で見てただろうし、観客・役者・狂言役者がトルネードのようになって文化を作り上げていったと思うんですよ」

 

 

ナウシカ歌舞伎を“老舗和菓子屋の出した塩キャラメル”と小籔さん(笑)

小籔「塩とキャラメル真逆やん。あうかいな(食べて)うまいんかいみたいな(笑)」

菊之助さんもウケてましたね

小籔さんは座長になることが決まった時、お母さんに歌舞伎を見なさいと言われたそう。

二人とも先人達の作ってくれた型に感謝されていました

 

 

ところで・・

菊之助さんのお子さんが大きくなっていて驚きました~

丑之助くんまだ小さいのに舞台で頑張っててなんか目から汗が・・😂

 

菊之助「確かに厳しい事も伝える事は出来るんですけども『歌舞伎ってこんなに面白いんだ』って事を息子に伝えたいと思っているんで。音羽屋の芸を守れる同志になれるように育てていきたいっていう風に思ってます」

これから楽しみですね

*1:2019年12月14日放送

里見女流名人 11連覇達成!

 

里見香奈女流名人が史上初の11連覇を達成されました🎊

なんと29年前の林葉直子さんの記録を更新、、香奈さんがまだ生まれる前ですね

 

2020年2月11日、第46期 岡田美術館杯女流名人戦第3局

岡山県真庭市 湯原国際観光ホテル 菊之湯

▲先手 谷口由紀女流三段

△後手 里見香奈女流名人

(持ち時間各3時間 9時開始)

 

戦型は先手中飛車vs向かい飛車

 

振り飛車になり

先手は玉を囲わずどんどん動いて行きます

最初は後手が良さそうに見えたけど

先手も盛り返して

中盤のねじりあい?が面白かったです

 

最後は後手が歩を突いたと思ったら一気に終わってびっくり

電光石火でした⚡

94手まで里見女流の勝利(^^)/

これでタイトル防衛となり

女流名人戦11連覇を達成されました🎊

 

中継ブログで10年前の女流名人戦も見れますけど歴史を感じます

香奈さんも言われていましたが

こうして女流名人戦があるのもスポンサーさんや関係者の皆さんのおかげですね🙏

岡田美術館杯女流名人戦中継ブログ: 里見女流名人誕生から10年

 

終局後コメント

里見「そういう結果が残せてうれしい。でも、結果に執着せず、これからも勉強していきたい

コメントを読んで改めてすごい方だなーと感服…

第2局で福崎先生が仰っていたように

周りが青春を謳歌している時も黙々と将棋の勉強を続けてきて

それが今花開いているのかなって感じました

おめでとうございます🎉

 

一時は棋士編入試験の受験資格獲得に王手も掛けたが、里見に受験の意思はなかった。「(近づけば)違う感情もあるかもと思いましたけど、一緒でした。自分は目指してるんじゃないと思いましたし、受かるにはまだ力が足りない」。今は目の前の勝負だけを見つめている。「でも、10年前は今の自分なんて読めなかったので、変わっていくこともあるかもしれません」

 

「いまは未知の局面について考えることが新鮮で楽しく、勝ち負けとは別に将棋って面白いんだなと思っています。私は多くの人に将棋を知ってもらいたくて、そのためには自分が活躍して取り上げてもらう、だから将棋をもっと勉強しよう、という動機付けになっています」

 

 

 

2020年 女流名人戦第2局

2020年1月26日、第46期岡田美術館杯女流名人戦第2局が行われましたφ(.. )

 

島根県出雲市「出雲文化伝承館」

▲先手 里見香奈女流名人

△後手 谷口由紀女流三段

(持ち時間各3時間 9時開始)

 

戦型は居飛車vs中飛車

 

里見女流は居飛車

後手は最初中飛車でしたが角交換して向かい飛車に振りました

 

お昼頃は後手が良さそうで

先手の穴熊がバラバラにされていましたが

その後の先手の指し回しが絶妙で

いつの間にか銀冠穴熊が組み上がっていました!

 

79手目、銀取りを受けずに▲4四歩としたのが好手とのこと

そこから徐々に先手ペースに

飛車取りや金取りも構わず、後手の玉頭を攻めたのが凄かったです

113手まで里見女流の勝利🎊

 

香奈さんは前日から集中されていた感じを受けました

もしかしたら地元で勝たないとというプレッシャーもあったかも?

 

無事対局も終わり、感想戦での笑顔が素敵でした~(*^^*)

 

出雲入り前日の同A級・羽生善治九段対久保利明九段戦の相穴熊戦も真夜中まで熱視線を送った。「タイトル戦やA級のような最高峰の舞台で振り飛車の先生の将棋を見るのはすごく楽しいです」

 

里見香奈女流名人、連勝微差で勝負ついた…福崎文吾九段が見た : スポーツ報知 https://hochi.news/articles/20200126-OHT1T50247.html

里見さんの将棋には青春の全てを懸けた覚悟や苦労が生きているように感じます。ボク、ずいぶん年上ですけど里見さんのストイックさを尊敬してるんですよ。

 

 

棋王戦予選2回戦

 

2020年1月22日 第46期棋王戦予選2回戦が行われました

 

▲先手 里見香奈女流四冠

△後手 脇謙二八段

(持ち時間各4時間  夕休なし)

 

戦型は先手中飛車vs居飛車

 

香奈さんと脇先生の対局は“昭和にありそうな将棋”だそうです

 

82手目△4五歩

ちょっと危ない手らしく先手にチャンスが来たらしい

83手目▲4四金 先手は歩を取らずに金を進め

後手は△4三銀と受けたのが敗着とのこと

 

先手の金が8七から4四まで大移動🐾

こつこつ進んで行って遂に後手玉まで辿り着いた時には謎の感動がありました…😂

 

後手が攻めて先手が耐える展開でしたけど

辛抱が実って85手まで里見女流の勝利🎊

女流棋士が3回戦に進むのは初めてだそう(^^)/

 

感想戦で脇先生がここで大山先生(康晴名人)は46銀と指していたと話していて

時間を超えた感じで不思議でした

 

 1月19日 女流名人戦第1局

  22日 棋王

  26日 女流名人戦第2局

2020年 女流名人戦第1局

2020年1月19日、第46期岡田美術館杯女流名人戦第1局が行われました

令和初の女流名人戦です…

神奈川県箱根町「岡田美術館 開化亭」

先手 谷口由紀女流三段

後手 里見香奈女流名人

(持ち時間各3時間  9時30分開始)

 

戦型は相振り飛車

 

後手は三間飛車、先手も向かい飛車に振り相振り飛車になりました

序盤から後手の銀が前に出てきて活躍していましたね

気がついたら先手陣がバラバラになっていて纏めるのが大変そうでした

それだけ後手の指し回しが自然だったのかな

飛車角銀取りに金を打ったところ

88手まで里見女流の勝利🎊

 

新年初対局の勝利は嬉しいですね

将棋盤の前でにこにこしている香奈さんが一番好きです(*^_^*)

素敵な一年になりますように~🍀🐞

 

第1局 1月19日 神奈川県箱根町「岡田美術館 開化亭」

第2局 1月26日 島根県出雲市「出雲文化伝承館 松籟亭」

第3局 2月11日 岡山県真庭市「湯原国際観光ホテル 菊之湯」

第4局 2月23日 千葉県野田市「関根名人記念館」

第5局 3月10日 大阪府福島区関西将棋会館

岡田美術館杯女流名人戦中継サイト

2020年1月19日 五番勝負 第1局 里見香奈女流名人 対 谷口由紀女流三段|第46期岡田美術館杯女流名人戦

 

十七世名人資格保持者の谷川浩司九段(57)が率いる研究会に参加。「谷川先生のお宅に伺って駒を磨くことから始めるのですが、特別な環境で将棋について考えられるのは本当に考えられないくらい貴重な時間です」。

 

「個人的には『ぺこぱ』さんとかの、ちょっと異質な感じが好きなんです」

 

 

 

ソーイング・ビー その2

NHKで放送している海外ソーイング番組を観ました

シーズン1に出ていたアンのインタビュー

ソーイングは仕事、編み物はリラクゼーション。時間制限があるのは厳しかった”

みたいな事が書かれていて面白かったです

 

サンドラのインタビュー

サンドラ可愛かったですね

 

9話からシーズン2に入りました

ヘザー「私は長いこと隠れてソーイングをしていました。服を買うお金がなくて。周りから何でも手作りなのねって言われたくなくて。ずっと内緒にしていたんです。」

笑顔で語るヘザー😚

タマラの着ている洋服がかわいいです👔👔

 

棋王戦予選

2019年12月25日、第46期棋王戦予選が行われました

▲先手 増田裕司六段

△後手 里見香奈女流四冠

持ち時間各4時間 夕休なし

 

戦型は居飛車vs後手向かい飛車

 

18手目△32金 金を上がったのはびっくり

同一局面の前例はないけど

畠山先生によれば香奈さんはよく金を上がるそう

 

52手目△34金

杉本先生「『絶対に金を使いたい』という強い意志を感じる一手ですね」😁

 

89手目△57角が攻防手!で感心する手だそう

94手まで里見女流の勝利🎊

後手の金の動きが面白くて

どちらが勝つか分からない熱戦でした

 

今年の香奈先生

 

👑対局数

香奈先生の今年度対局数は48局でした!

(女流戦27局公式戦21局)

男性棋士最多も48局なので…超人的です🐝

一年間ほぼ毎週対局していましたね

 

👑記録樹立

女流名人戦10連覇

クイーン女流王位達成

女流六冠達成

倉敷藤花10期達成

と沢山の事を成し遂げられました🎊

失冠もひっくるめて躍進の年🐾

 

👑全タイトル戦に出場

やっぱり凄かったですね

春先には松葉杖であっちこっち移動していましたね

香奈先生のタフさ&ガッツを思い知った一年でした😄

 

f:id:kituneage:20191006195909j:plain:w240